【フランス編】小津安二郎

2017年01月24日

 

今夜は小津のフランス語字幕版を見て過ごす。

まずは『秋日和』(1960年)。フランス語版のタイトルは"FIN D'AUTOMNE"(晩秋)となっている。小津好みの「父と娘」の話ではなく「母と娘」の関係を描いている。原節子演じる母親の名前が秋子になっているところがタイトルと関連していて興味深い。

精神分析理論によれば、父と娘(or 息子)の間には近親相姦の禁止はないが、母と娘(or 息子)の間には近親相姦の禁止があるという。

このことを踏まえながら『秋日和』を観ていると、なるほどと納得する場面にしばしば出会う。終盤に母が躊躇っていた娘を結婚に踏み切らせるところなどはまさにそうだ。

このような観点から小津の全作品を見直してみるのもこの際面白いのかもしれない。


 


映画
Copyright 2002-2017 EUROCLINIQUE, All Rights Reserved.