▷脂肪注入による豊胸手術の危険性について(2008.11.10)

 自分自身の脂肪細胞を乳腺の下に注入することにより豊胸効果を導く、という発想自体は必ずしもまちがったものではありません。ただし、そのような治療が将来にわたって安全なものであることを保証するためには、美容外科的な明確な根拠(エヴィデンス)と高度な治療技術が必要です。例えば腹部、臀部などから脂肪吸引した検体をもとに、そこから脂肪幹細胞を分離するには特殊な技術と高額な機器が必要です。これは現実の開業医もしくはチェーン形式の美容外科では不可能な話です。
 したがって、今日の美容外科でおこなわれているのは、脂肪吸引した脂肪を、ある程度洗浄したりはするけれども、そのまま太い針を付けた注射器で胸に注入する、という乱暴なものです。そして残念ながら、このような治療法は極めて危険といわざるを得ません。
 参考までに「第47回日本形成外科学会」で発表された報告の要点を下記にまとめてみます。
 
■演題:脂肪注入による豊胸手術の合併症について
合併症 1、感染 2、吸収 3、腫瘤形成 4、組織浸潤(溶解した脂肪が皮下組織および皮膚ににじみ出てくる)
感染例 27歳女性 腹部より脂肪採取し、両側乳房に75mlずつ脂肪注入施行。術後16日目に右側乳房に疼痛、発赤、膨満出現。切開、排膿施行。
組織浸潤例 34歳女性 大腿内側部より脂肪採取し、右側乳房に180ml、左側乳房に200mlの脂肪注入施行。約5年後より両側に腫瘤出現。右側は疼痛、変形を伴ってきたため乳号下縁切開にて腫瘤を可及的に(出来る限り)摘出。
腫瘤形成症例
1、18歳 大腿内側部より脂肪採取 250mlx2 注入 約5年で右側腫瘤形成    手術で摘出
2、22歳 腹部より脂肪採取    170mlx2 注入 約6年で両側腫瘤形成   手術で摘出
3、22歳 臀部より脂肪採取    110mlx2 注入 1年3か月で右側腫瘤形成 吸引で摘出
4、27歳 大腿内側部より脂肪採取 250mlx2 注入 約6年で両側腫瘤形成   手術で摘出
5、47歳 大腿内側部より脂肪採取 150mlx2 注入 約8年で右側腫瘤形成   手術で摘出
6、28歳 臀部より脂肪採取    250mlx2 注入 約6年で両側腫瘤形成   手術で摘出
7、23歳 大腿外側部より脂肪採取 225mlx2 注入 約2年で両側腫瘤形成   吸引で摘出
8、23歳 大腿内側部より脂肪採取 200mlx2 注入 約9年で両側腫瘤形成    手術で摘出
 
 いずれの症例も脂肪注入からかなりの年月を経てから発症している点が重要なポイントです。ですから、不都合が生じてきたので担当医を訪れたらすでにそこには病院がなかった、という事態も現実に起こっています。
 結論からいえば、今日の開業医もしくはチェーン形式を取る美容外科において、脂肪注入による豊胸手術をおこなうだけのエビデンス、技術そして施設を持ち合わせているところは残念ながら見当たりません。もちろん将来の可能性を求めて真面目に研究している施設がないわけではありません。
 もし将来、医学的に正しくそして安全な脂肪(幹細胞)注入による豊胸手術が確立される時が来たならば、これは理想的な豊胸手術の一つとなり得るのでしょうが、現時点では「将来の予後も含めて安全に脂肪注入豊胸術を行なうことは限りなく不可能に近い」というのが真実です。
 ですから、いまだに多くのクリニックで行なわれている『脂肪注入による豊胸術』もしくは『脂肪幹細胞注入による豊胸術』(と説明しておきながら実は単なる脂肪注入であることが殆どです)はきわめて危険である、と言わざるを得ません。さらには、注入によって生じたしこりは乳がん検診時の大きな妨げにもなることも指摘されています。
 このコラムでは、プライバシーの関係上症例の写真は割愛しましたが、真面目に詳しい情報を知りたいという方には、当院のカウンセリングにて詳細にご説明したいとおもいます。(文責 藤田)

▷米国FDA(食品医薬品局)は、2006年11月17日に、米国Mentor社のシリコンジェル・インプラント(ラウンドタイプのスムース及び テクスチャードタイプ [一部の製品を除く] )を正式に認可しました。(2007.3.19)

FDA NEWS
 
FOR IMMEDIATE RELEASE
P06-189
November 17, 2006
 
Media Inquiries:
Heidi Valetkevitch, 301-827-6242
Consumer Inquiries:
888-INFO-FDA
 
 
FDA Approves Silicone Gel-Filled Breast Implants
After In-Depth Evaluation
Agency Requiring 10 Years of Patient Follow-Up
After rigorous scientific review, the U.S. Food and Drug Administration (FDA) today approved the marketing of silicone gel-filled breast implants made by two companies for breast reconstruction in women of all ages and breast augmentation in women ages 22 and older. The products are manufactured by Allergan Corp. (formerly Inamed Corp.), Irvine, Calif., and Mentor Corp., Santa Barbara, Calif.
 
“FDA has reviewed an extensive amount of data from clinical trials of women studied for up to four years, as well as a wealth of other information to determine the benefits and risks of these products,” said Daniel Schultz, M.D., Director, Center for Devices and Radiological Health, FDA. “The extensive body of scientific evidence provides reasonable assurance of the benefits and risks of these devices. This information is available in the product labeling and will enable women and their physicians to make informed decisions.”
 
Now that the products have been determined to be safe and effective, FDA will continue to monitor them by requiring each company to conduct a large postapproval study following about 40,000 women for 10 years after receiving breast implants. FDA often requires postmarket studies to answer important questions that can only be answered once a product is in broader use, such as the incidence of rare adverse events.
 
FDA’s decision to approve these implants was based on a thorough review of each company’s clinical (core) and preclinical studies, a review of studies by independent scientific bodies and deliberations of advisory panels of outside experts that heard public comment from hundreds of stakeholders. In addition, FDA conducted inspections of each company’s manufacturing facilities to determine that they comply with FDA’s Good Manufacturing Practices. Some of the complications reported in the core studies included hardening of the area around the implant, breast pain, change in nipple sensation, implant rupture and the need for additional surgery. However, the majority of women in these studies reported being satisfied with their implants.
 
In the past decade, a number of independent studies have examined whether silicone gel-filled breast implants are associated with connective tissue disease or cancer. The studies, including a report by the Institute of Medicine, have concluded there is no convincing evidence that breast implants are associated with either of these diseases. However, these issues will be addressed further in the postapproval studies conducted by the companies.
 
“The silicone breast implant is one of the most extensively studied medical devices,” said Schultz. “We now have a good understanding of what complications can occur and at what rates. We also know that women who get these devices will probably need to have additional breast implant surgery at least once. This is valuable information for women who may be considering these products.”
 
Full information about the risks and benefits of the devices can be found in the package and patient labeling mandated by FDA. The patient labeling outlines some of the important factors women should consider when deciding whether to get silicone gel-filled breast implants. Some of these factors are: breast implants are not lifetime devices and a woman will likely need additional surgeries on her breast at least once over her lifetime; many of the changes to a woman’s breast following implantation are irreversible; rupture of a silicone gel-filled breast implant is most often silent, which means that usually neither the woman nor her surgeon will know that her implants have ruptured; and a woman will need regular screening MRI examinations over her lifetime to determine if silent rupture has occurred. The device labeling states that a woman should have her first MRI three years after her initial implant surgery and then every two years thereafter. The cost of MRI screening over a woman’s lifetime may exceed the cost of her initial surgery and may not be covered by medical insurance. The labeling also states that if implant rupture is noted on an MRI, the implant should be removed and replaced, if needed.
 
FDA approved the silicone gel-filled breast implants with a number of conditions, including requiring each company to: conduct a large postapproval study; continue its core study through 10 years; conduct a focus group study of the patient labeling; continue laboratory studies to further characterize types of device failure; and track each implant in the event, for example, that health professionals and patients need to be notified of updated product information.
 
The postapproval studies will continue to gather information about the safety and effectiveness of the implants. Information will be collected about rates of local complications, rates of connective tissue disease and its signs and symptoms, rates of neurological disease and its signs and symptoms, potential effects on offspring of women with breast implants, potential effects on reproduction and lactation, rates of cancer, rates of suicide, potential interference of breast implants with mammography, and MRI compliance and rupture rates.
 
The postapproval studies will be closely monitored by FDA. FDA anticipates that data from the studies will provide important information for patients and physicians, and may lead to improvements in device labeling.

▷米国Mentor社の日本語ホームページが開設されました(2005.3.2)


クリックするとホームページがポップアップします

▷ユーロクリニーク・バストアップ学術モニター・アンケート途中集計結果公開(2005.2.25/2008.11.3改訂)

 
 
アンケート用紙
 

▷McGhan社『Biocell バイオセル』およびMentor社製最新バッグ『EliteGel エリートジェル』について(2004.9.10)

McGhan社『Biocell バイオセル』およびMentor社製最新バッグ『EliteGel エリートジェル』について

 
 
 今日多くの美容外科の広告において、McGhan(マクギャン社)の最新バッグの名称であるかのように宣伝されている『Biocell バイオセル』という名称は、実はマクギャン社の3層構造の外皮を持つコヒーシヴ・シリコンバッグ(McGhan Style 410 およびMcGhan Style 410 Soft Touch) の外皮のテクスチャー処理部分に対する名称であって、バッグそのものの名称ではありません(ちなみにシリコンの拡散を最小限に食い止める中間層は『Intrashiel イントラシール』と呼ばれています)。CMCバッグが日本市場に登場した時もそうでしたが、多くの広告において、正確な情報を消費者に伝えることなく、あたかもそれが最先端のバッグの名称であるかのように思わせてしまうような表現がなされているのは大変残念なことです。
 

McGhan Style 410 の外皮3層構造の断面図
 
 ちなみに上記のような3層構造は特に新しいものではなく、例えばユーロシリコン社のコヒーシヴシリコンバッグにおいてもすでに採用されているものです(下図参照)。
 

 
Eurosilicone Paragel の外皮3層構造の断面図
 
 一方、米国におけるシェアの49%(Medtech Insight Report 2004)を占有するMentor社は、すでにMcGhan社を含む他社に対して技術的アドバンテージを有しており、3層構造シリコン・バッグを超える4層構造の『EliteGel エリートジェル』バッグを生産しています。これは特殊外皮構造『Siltex シルテックスレイヤー』(世界特許)およびマイクロレベルのバリアーである『PhenylLayer フェニルレイヤー』とそのフェニルレイヤーを内外から挟み込むダブルプロテクト機能を持つ『MethylLayer メチルレイヤー』によって構成されています(下図参照)。
 

 

 
 以上、これからバストアップの手術をお考えになっている方の参考になれば幸いです。

▷2004年2月現在、フランスにおいて販売されているバッグと販売されていないバッグについて(2004.2.20/2005.2.25改訂)

2004年2月現在、フランスにおいて販売されているバッグと販売されていないバッグについて

 
 フランス医療製品衛生安全局 AFSSAPS (AGENCE FRANCAISE DE SECURITE SANITAIRE DES PRODUITS DE SANTE) は2004年1月9日付で、手術を受ける患者さんへの情報を公開し、生理食塩水バッグ以外で、フランスで販売されている豊胸バッグ(乳腺プロテーゼ protheses mammaires)とそうでないもののリストを発表しています。このリスト(註)において、下記の製品がフランスにおいて販売されていないことがわかります。特に日本において多くの美容外科医が推奨してきたアリオン社のCMCジェルバッグが実は当のフランスでは販売されていないことは注目に値します。
 
■アリオン社 Arion のハイドロジェルバッグ(いわゆる"CMCバッグ")
■ノヴァメッド社 Novamed の 生理食塩水バッグ以外のバッグ
■ポリ・アンプラン・プロテーズ社 Poly Implants Protheses のハイドロジェルバッグ
■ポリテック・シリメッド社 Polytech Silimed のポリウレタン製シェルをもつ製品
 
(註)2004年2月20日の時点で下記URLに掲載されていたリンクが外されており現在は検索できなくなっている
http://agmed.sante.gouv.fr/htm/10/implant/liste.htm
(2005年2月25日附記)

▷ユーロクリニークでは実際に、新品の米国Mentor 社製最高品質のコヒーシヴ・シリコンバッグを切断してみました(2003.4.15)

ユーロクリニークでは実際に、新品の米国Mentor (メンター) 社製最高品質のコヒーシヴ・シリコンバッグを切断してみました

 
 

 
Mentor社 Siltex Round Gel Bag:向かって左から、解説書・二重の滅菌ケースに入ったバッグ・外箱
 

 
 
Mentor社 Siltex Round Gel Bag:このようなしっかりした二重の滅菌ケースに入っている

 
 ユーロクリニークでは、施術をお受けになる方の参考になると考え、見本ではなく、患者様用の新品のMentor社 Siltex? Round Gel Bag (175cc) を実際に二つにカットしてみました。写真をご覧になって分かるように、内容物であるコヒーシヴ・シリコンジェルは、従来のシリコンバッグやソフトコヒーシヴシリコンバッグと異なり、大きな切断面であるにもかかわらず、ジェルが流れ出てくることもありませんでした。
 

 

押してみたところ。中身のジェルは流れ出してこない

 

 

握ってみたところ。やはり中身のジェルは流れ出してこない

 

 

縦に摘んでみたところ。断面は垂直のままやはり中身のジェルは流れ出してこない

 
以上、短いレポートですが、百聞は一見に如かずと考え、ご紹介いたしました。

▷仏ユーロシリコン社訪問記(2003.2.26/2003.2.27改訂)

仏ユーロシリコン社訪問記(2003年2月26日・ ユーロクリニーク院長 藤田博史 記)

 
 仏ユーロシリコン社の生産するシリコンバッグはリコール問題(こちらを参照)が取りざたされるまでは、わたし自身、その柔らかさと耐久性を併せ持つ利点から、豊胸手術においてもっとも多く使用したバッグであった。それだけに、リコール問題が生じてからは、ユーロシリコン社の製品の使用を長期間にわたって控えなければならなかったことは、施術者にとっても消費者にとっても、ある意味残念なことであった。その後、2003年2月の時点においても、我が国におけるユーロシリコン社製シリコンバッグに関する最新情報はきわめて乏しい状態である。たとえば「日本美容外科学会」のホームページに掲載されている表をみてもわかるように、ユーロシリコン社の生産するバッグに関する情報は曖昧なままである。
 
 そこで、先に訪問したアリオン社に引き続き、わたし自身が、実際にユーロシリコン社を訪れ、社長のフランソワ・M・トゥルニエール氏 Monsieur Francois M. Tourniaire 氏、およびご子息で同社輸出部長のオリヴィエ・トゥルニエール氏 Monsieur Olivier Tourniaire、そして同社研究所のジョエル・キルコリアン薬学博士 Docteur Joel Kirkorian から直接、現時点における製品情報について詳しく話を聞くことにした。
 
 ユーロシリコン社のあるアプト Apt の町は、ニースから西へ260kmほど離れたプロヴァンス地方のなかに位置している。有名なアヴィニョンの町もここから50kmほど西に行ったところにある。ニースを発ち、高速道路を約220kmほど走ったところで一般道路に降りると、目の前にはプロヴァンス地方らしいのどかな田園風景が広がっていた(下の写真)。
 

 

アプトに向かう一般道路。あいにく曇り空。道路脇右側はワイン畑になっている。

 
 カヴァイヨン Cavaillon という町を過ぎて、さらに40kmほど走るとアプトの郊外にある工業団地 Zone Industrielle が右手に見えてくる。交差点を右折し団地のなかに入ると、すぐにユーロシリコン社を見つけることができた。青い文字で EUROSILICONE と書かれた看板が目を引く。門のすぐ横には3本のポールが立っており、ECの旗とフランスの国旗、そしてなんと日本の日の丸が掲揚されていた。訊くとわたしの訪問に対して敬意を表してくれたのだという。なるほどフランス人的な粋な心配りである。
 

 

ユーロシリコン社入り口、EC旗、フランス国旗そして日の丸が掲揚されているのが見える

 

 

近づいてみるとこんな感じ、この日はプロヴァンス地方特有の強い風が吹いていた

 
 オフィスに入ると社長および息子の両トゥルニエール氏が微笑みながら出迎えてくれた。ゆったりとしたレセプションで、働いている秘書の女性たちもきちんとビジターに挨拶をしてくれるのでとても感じがよい。そのまま会議室に案内されたので、少しばかり世間話を、とおもい「わたしは1979年にニースに来て住み始めたのですが、はやいもので今年で24年目になるんです!」と切り出すと、息子のオリヴィエ氏は「そうなんですか!ぼくはね1971年にニースで生まれたんですよ!」と目をくりくりさせながら嬉しそうに話してくれた。なんとトゥルニエール氏一家は以前ニースで香水関係の仕事をしていたのだという。
 

 

社長のフランソワ・M・トゥルニエール氏と

 
 オリヴィエ氏に案内されてまずは工場見学ということで、道路を挟んで向かい側にある清潔な白い建物に向かった。入り口を入ると敷居があり、そこから向こうが清潔区域になっている。しがたって、ここで使い捨ての靴底カバーを履かなければならない。内部はガラス越しに作業室を見渡すことができるようになっており、なかでは防塵マスクをつけ白い作業服に身を包んだ従業員たちが、各自のテーブルで手作業でシリコンバッグを作成していた。従業員は約220名。基本的な光景はアリオン社のそれと似ている。つまり、キノコ状の型を液状のシリコン(米国ニューシル・シリコン・テクノロジー社 NuSil Silicone Technology 社製高性能シリコン・エラストマー[液状高分子シリコン])のなかに浸してから引き出し、ゆっくりと回しながら手作業でシリコンの皮膜を均一化させている。シリコンの膜が均一化したら120℃の温度で1~1.5時間ほどシリコンを「焼く cuire」とのこと。アリオン社の作業工程と異なるのは、この作業を9回繰り返して9層の皮膜を作っているという点であった。しかも皮膜の中間層には、同じくニューシル・シリコン・テクノロジー社製のバリアー・コートBarrier-Coat が挟み込まれており、大きく3層に分かれる断面をつくり出している(下図)。これによってシリコンジェルの浸透をブロックすることが可能になっているという説明であった。
 

 

シリコンシェルの断面図(ユーロシリコン社パンフレットより抜粋)

 
 ユーロシリコン社で使用しているニューシル・シリコン・テクノロジー社製のシリコンは、全世界のシリコンシェアのなかでも最も高品質であるとのことで、実際に使っていることを証明するために、工場内部ではあるが、オリヴィエ氏が今回特別に容器の写真撮影を許可してくれた(下の写真)。
 

 

NuSil Silicone Technology社製シリコンのドラム缶。直径が1mほどもある

 
 さて、今回訪れたわたしの最大の関心は、実はバッグの裏側の封印の部分の安全性と構造の確認にあった。というのもわたしの個人的な経験として、昨年の夏、手元にあったいくつかのユーロシリコン社製のシリコンバッグの封印の部分を子細に観察したことがあり、通常では見逃すほどの針穴のような亀裂があるのをすべてのバッグに確認していたからである。この質問を投げかけると、社長のフランソワ・M・トゥルニエール氏が、すぐさまわたしの示したLOT番号を見て「あなたが問題にしているのは5年前に生産されたバッグですね」と切り出した。実は、製造の過程で、この封印の縁の部分にテフロン製の細い針を刺してシリコンジェルを注入しているのであるが、当時はテフロン製の針で開いた穴は次にくる「焼く」処理によって自然に閉じてしまうために、特にわざわざ閉じるような処置はしていなかった、とのことであった。なるほど、わたしの観察した状態とトゥルニエール氏の説明した内容がぴったり一致するので「やはりそうだったのか」と納得すると同時に、この問題が「改善されている」ことにひとまず安堵した。「それにしても針穴に対してなんの処置も施さないで本当に大丈夫なのですか?」と念を押して尋ねてみると「基本的には圧力差によって焼いている間に自然に閉じてしまうのだが、現在は念のため針穴にシリコンを塗布して完全に閉じています」とのことであった。実際に古い商品と現在の商品とを手にとって比較してみたが、なるほど現在の商品は非常にきれいにシーリングされているのがわかった。
 
 さらに話を「リコール問題」に振ると、キルコリアン博士がニヤリとしながら「あれは政治的なものがあったんですよ」と切り出した。博士の説明によると「ユーロシリコン社のシリコンバッグの滅菌はエチレンオキサイドガスによるもので、当社ではすべて外注している。ところが何らかの理由でパッキングが破れているものが見つかった。したがって当然のことながら再度滅菌処理をした。どういう訳かこれに対してクレームが付いてしまった」ということであった。「安全上はまったく問題がない」にもかかわらず「エチレンオキサイドガスがバッグのなかに残留しているのではないか」という疑いまでかけられ、これに対して「実験と測定を重ねてバッグの内部にエチレンオキサイドガスの残留がないことを証明し最終的に問題は解決した」とのことであった。したがって「リコール問題はユーロシリコン社のシリコンバッグの品質の問題ではまったくないということを理解してほしい」と重ねて強調していた。
 

 

きさくでひょうきんなキルコリアン博士と

 
 また「クリスタリン・パラジェル(いわゆる"クリスタルバッグ")」において「アリオン社訪問記」でも書いたが、塩を振りかけて物理的にテクスチャーを刻まれたバッグは「シェルが薄く弱くジェルが漏れやすい」という「日本美容外科学会」の寸評があるが、これは本当か? というわたしの質問に、やはりニヤッとしながらしかしきっぱりと「それはありえない」と答えた。つまり、すでに触れたように、ユーロシリコン社のシリコン皮膜は9回の「焼き入れ cuisson」によって製造されているが、テクスチャータイプの「クリスタリン cristalline」はさらにその上にシリコンの膜を一層乗せた上で塩を使って凹凸をつけており、基本的な強度や皮膜の性質は表面がなめらかなタイプのものと何ら変わりがない、ということで紙に図を書きながら丁寧に説明してくれた。
 
 というわけで2003年2月現在におけるユーロシリコン社製品の安全情報をまとめてみれば次のようになる。
 
 1.ユーロシリコン社の生産する乳房用インプラント(生理食塩水バッグおよびシリコンバッグ)は、すでにCEマークを取得済み(200年12月)であり、かつフランス公衆衛生安全局 (AFSS = Agence Francaise de Securite Sanitaire) の認可も得ている。したがって当然フランスにおいても販売されている。
 
 2. 「リコール問題」は解決済み。そもそもこの問題は「政治的なもの」(キルコリアン博士)であって「製品の質や安全性とは無関係」(同博士)。
 
 3. 表面がテクスチャータイプのクリスタリン・パラジェル Cristalline Paragel のシェルの強度に関しては、その生産工程から明らかなように、外表面の加工(塩を用いる)によって影響を受けることはない。つまり、同社のスムースタイプのバッグであるパラジェル Paragel と同様の強度を持っている。
 
 4. バッグの裏側の封印の部分の安全性と構造に関しては、以前は放置されていた注入部位の針穴も、現在ではシリコンを塗布することによって完全に閉鎖されている。
 
 楽しい世間話も交えながらなごやかに話ははずみ、気が付くとすでにユーロシリコン社に着いてから5時間が経過していた。「こんなに長い時間おじゃまして本当に申し訳ありませんでした」とお詫びの言葉を口にすると、3人ともニコニコしながら「全然!それよりも質問があるなら、もっとしてください!(笑)」と返されてしまった。
 
 

輸出部長のオリヴィエ・トゥルニエール氏と

 
 帰り際にユーロシリコン社の製品の安全性に関する資料を受け取り、最後のお礼を申し述べたときには時刻はすでに午後7時を回っていた。もう少し会社に残るというキルコリアン博士に別れを告げ、帰り支度を済ませたオリヴィエ氏と共に階段を下りて駐車場に向かった。辺りはすでに暗く、夕闇のなかで「さようなら、また近いうちに会いましょう!」と言葉を交わして別れた。
 
 帰りの高速道路を走りながら、これまで堆積していた種々の疑問が氷解したことを嬉しくおもうと同時に、現時点におけるユーロシリコン社の製品の価値をもう一度前向きに、しかも正確に再評価する必要がある、ということを強く感じた。
 
 末筆ながら、突然のわたしの訪問を温かく迎え入れてくださった、社長のフランソワ・M・トゥルニエール氏、オリヴィエ・トゥルニエール氏そしてジョエル・キルコリアン博士に深く感謝いたします。
 
Je voudrais remercier de tout coeur le President Francois M. Tourniaire,
 
Monsieur Olivier Tourniaire et Docteur Joel Kirkorian de leur profonde bienveillance. Docteur Fujita Hiroshi

▷仏アリオン社訪問記(2003.2.19/2003.2.23改訂)

仏アリオン社訪問記(2003年2月18日・ ユーロクリニーク院長 藤田博史 記)

 
 
 「仏アリオン社CMCジェルバッグの危険性および仏ユーロシリコン社の一部製品の回収について」の項で紹介した「日本美容外科学会」のホームページに掲載されている表をみてもわかるように、日本におけるフランス・アリオン社 Laboratoires Arion の乳房インプラント Implant mammaire についての情報はきわめて不十分である。そこでわたし(藤田)自身が南フランスのアリオン社を訪れて製品の販売責任者であるゼドン氏 M.Zedong に直接話を聞いてみることにした。
 

 

アリオン社入り口にて、販売最高責任者ゼドン氏と藤田

 
 アリオン社の社屋および工場は、映画祭でも有名な街カンヌから北へ7kmほどいったところにある広大な研究都市「ソフィア・アンチポリス Sophia-Antipolis 」の西端に位置する。アリオン社は乳房インプラントのみを生産する小さな会社で従業員は事務員と作業員を合わせても全員で25名である。
 
 さて、前もって連絡を入れておいた時間に本社を訪ねると、販売責任者であるゼドン氏が微笑みながら出迎えてくれた。本社のすぐ隣にある白い建物が工場とのことで、まず工場の中を案内してもらうことになった。工場の中はすべて写真撮影禁止で、内部の写真を撮ることはできなかった。
 
 工場のなかに入るには使い捨ての真っ白な靴底カバーを履き、同じく使い捨てのガウンと帽子をかぶらなければならない。さらに清潔エリアに入る時にもう一度新しい靴底カバーを重ね履きする。内部は殺菌灯のような臭いのする空調の作動音がブーンとうなりをあげていた。つまり工場内は「無菌室」仕様になっているのだ。ドアをあけて中にはいると、ガラスごしに7名ほどの従業員が手作業で作成しているのが見える。
 

 

キノコ状の金属の型(インプラント外皮作成用)

 
 キノコ状の金属の型(上の写真・つまり傘の部分がインプラントの形をしている)が柄の根元を中心にして水車のようにゆっくりと回転しながら傘の部分だけが自動的にシリコン・エラストマー Elastomere de silicone(液状高分子シリコン)の入った浴槽のなかに浸かり、ゆっくりと出てくる。作業員は、出てきた型の柄の部分を手に持って回転板から取り外し、シリコン・エラストマーが均一に広がるように傾けて回し、ゆっくりと回転する丸い台の穴に柄の部分を差し込んで放置する。これでシリコンがさらに均一になる。
 
 表面がザラザラのテクスチャータイプのものは、シリコンがまだ柔らかいうちに手作業で塩を振りかけて作成していた。ユーロシリコン社のテクスチャータイプのバッグ(いわゆる"クリスタルバッグ")もそうであるが、塩を振りかけて物理的にテクスチャーを刻まれたバッグは「シェルが薄く弱くジェルが漏れやすい」という「日本美容外科学会」の寸評をおもい出した(ちなみにMentor社のテクスチャーはあらかじめコンピュータによって表面の凹凸がデザインされている)。
 
 シリコンが固まると型からはずして、クラゲの頭状のバッグが完成する。バッグの底にはまだ丸い穴(直径約30mm)が開いているので、そこへ同じくシリコンエラストマーで作成した直径約47mmのまだ柔らかいパッチを金属製の筒状のリング(下の写真・外径約47mm)を用いて強く押し当てて穴に封をする。ゼドン氏によると、この封印のテクニックが企業秘密とのこと。ここで初めて閉じたバッグの殻の部分が完成する。
 

 

パッチを封印するための金属製のリング

 
 さらにこのバッグのなかにCMCハイドロジェル Hydrogel-CMC (メチレンブルー methylene blueで青く着色されている→註)を注入する。CMCハイドロジェルは、まるで家庭用の熱帯魚の水槽のような透明の容器に大量に作り置きされており、蛇口につながれたチューブを通じて注射器のなかに移し替えられ、気泡が入らないように注意深くバッグのなかへ注入される。ゼドン氏によるとCMCジェルの組成は、CMC(カルボキシ・メチル・セルロース)が3.7%、残りの96.3%が生理食塩水とのことであった。最後に、注射器で小さく開いてしまった針穴は同じくシリコン・エラストマーで封印される。
 
(註)メチレンブルーを使用している理由は「生産の過程で万一微生物が繁殖した場合、微生物の脱水素酵素の働きによってメチレンブルーが還元されて無色になる。つまり色の変化によっていち早く生産課程での感染をチェックできる」というのがゼドン氏の説明。ただし本当にごくわずかの感染でも無色になるのかはわたしには疑問。またメチレンブルー自体の安全性についても明確にされていない。いずれにせよここではメチレンブルーの一般的な「抗菌作用」を利用しているのだと考えればとりあえずは納得できる。
 
 完成したCMCジェルバッグは自前の大きな釜状の特殊なオートクレーブで約6時間かけて滅菌される(滅菌温度は最低130℃)。温度の立ち上がりと下降を緩やかにするためにこれだけの時間がかかるという。この滅菌法に関しても企業秘密であるらしい。「他社がCMCジェルバッグを作れないでいるのはこの滅菌のノウハウが無いからである」というのがゼドン氏の説明。一方、シリコンバッグの滅菌は通常のオートクレーブでかまわないので経費節減も兼ねてすべて外注しているとのことであった。
 
 こぢんまりとした工場の内部は、広い窓から明るい日差しが差し込み、さながら清潔な学校の理科室といった印象であった。
 
 見学後、ゼドン氏のオフィスで乳房インプラントについての詳細な説明を聞き、またわたしからも様々な質問をした。会話の要点を掻い摘んで示せば次のようになる。
 
1.2000年12月22日にAFSS (Agence Francaise de Securite Sanitaire、フランス公衆衛生安全局) によって出された販売停止の決定は、アリオン社の異議申し立てに従い、2002年6月29日、参事院 Conseil d'Etat により取り消された (仏文資料)。
 
2.アリオン社が現在生産している3種類のバッグ、すなわち生理食塩水バッグ、シリコンバッグ、CMCハイドロジェルバッグは、それぞれ2002年11月6日、2002年10月11日、2002年11月6日にCEマークを取得した(3年間有効)。
 
3.したがって上記3種類のバッグはいずれも「現在フランスで販売されている」。ただしイギリスでは依然として販売されていない。
 
4.「Arion社という小さな会社に対するAFSSの圧力は非常に強く」(ゼドン氏の表現)、現在もなお「全面的な認可に向けて弁護士を立てて係争中である」とのこと。
 

 

"主力商品"であるCMCハイドロジェルバッグを手にとってアピールするゼドン氏
 
日本だけで毎月約1200ペア(2400個)のCMCジェルバッグが売れているという

 

 

 

"新製品"コヒーシヴ・シリコンジェルバッグを半分に切り、断面を見せるゼドン氏。なるほど断面のシリコンは流れ出てこない。

 

 

様々な実験用のバッグ、他社製のバッグなどが無造作に置かれたゼドン氏の机

 

 

ゼドン氏が握っているうちにわたしの目の前で本当に破れてしまった(!)CMCハイドロジェルバッグ(左に飛び出てしまったジェルが見える)。
 

なお、右側の2つのバッグはいずれもCMCハイドロジェルバッグ。色の濃い方が最近(2003年2月)の製品 (メチレンブルーの濃度が上がっている?)
 
 ゼドン氏の説明では最後まで「販売されている etre commercialise」ということと「認可されている etre autorise」ということの違いが明確にはならなかった。確かに商業レベルにおいてはフランス市場に出回ってはいるが、厳格なフランス公衆衛生安全局はアリオン社が生産するインプラントの安全性に対して依然として疑いを持ち続けているのである。結局、肝心な論点「ハイドロジェル自体の体内における長期的な安全性については依然として疑問が残る」というわたしの主張に対して、ゼドン氏は科学論文等の客観的な証拠を提示し得ないまま「食品にも使われているのでハイドロジェルは安全」あるいは「もう9年も使っているが大きな事故は一例もない」等々の返答を繰り返すのみであった。もっともゼドン氏は科学者ではなく販売責任者なのであるから、わたしの質問がすこし専門的すぎたというのが真実であろう。
 
 何はともあれ、多忙な中、わたしを温かく迎え入れてくれ、しかも3時間近くにもわたって熱心に説明してくださったゼドン氏にあらためて深く感謝いたします。
 
Je voudrais remercier Monsieur Zedong de son meilleur accueil a ma visite. Docteur Fujita Hiroshi

▷仏アリオン社CMCジェルバッグの安全性への疑問および仏ユーロシリコン社の一部製品の回収について(2003.2.1/2003.3.5改訂)

仏アリオン社CMCジェルバッグの安全性への疑問および仏ユーロシリコン社の一部製品の回収について

 
 
 2003年2月現在、フランス・PIP社製ハイドロジェル (hydrogel) バッグおよびフランス・アリオン (Arion) 社製 CMCジェル (carboxy-methyl-cellulose gel) バッグはヨーロッパにおいて安全性に問題のあることが指摘されており、すでにイギリスでは両者共に使用が認められておらず、フランスではアリオン社のバッグは販売されてはいるものの、安全性に関してはフランス公衆衛生安全局 AFSS が否定的見解を維持しています(「仏アリオン社訪問記」参照)。また、一昨年フランス・ユーロシリコン (Eurosilicone) 社製シリコンバッグの一部にも安全性、耐久性に問題のあることが判明したため、特定の製造番号の製品に対して、すでにユーロシリコン社によるリコール(回収)がおこなわれています(註[2003年2月27日追加]:その後ユーロシリコン社の製品についての情報は好転しています。詳しくは「仏ユーロシリコン社訪問記」の項をご覧ください)
 
 

 

Arion社 Monobloc? hydrogel CMC Bag(いわゆる"CMCバッグ")

 
 このような事情であるにもかかわらず、我が国では、いまだにCMCバッグをあたかも理想のバッグであるかのように宣伝し推奨している美容外科が、大手も含めて多数存在しているということは非常に残念なことです。多くの場合「食品添加物にも使われているくらいだから安全」という説明がなされているようですが、「食べて安全」ということと「体内に入れて安全」ということとは異なる次元の話です。耐久性に関しても、わたし自身、2003年2月に製造元のアリオン社を訪れ、製品説明を受けている最中に販売責任者のゼドン氏が握っただけでわたしの目の前でCMCバッグが簡単に破れてしまいました(写真有)。
 
 美容外科を専門とする医師であるならば、すでに1年以上も前からヨーロッパで出されている安全情報を知らないはずはありません。にもかかわらず正確な情報を知らされないまま安全性に問題のあるCMCバッグの手術を受けてしまった日本の患者さんたちは、まさに「商業主義的美容外科」の犠牲者に他ならず、これはきわめて遺憾な事態であるといわざるを得ません。
 
 ユーロクリニークでは安全性に少しでも疑いがあったり問題が認められるバッグは使用しません。
 
 したがって当院では、現在、最も安全性・耐久性が高い Mentor社製のコヒーシヴシリコンバッグ、およびこの度(2003年2月)院長の本社視察によって直接信頼性が確認されたEurosilicone社製のコヒーシヴシリコンバッグのみを採用しています。(2008年10月6日付記ー2004年以降は、FDAの認可を受けていないEurosilicone社製のコヒーシヴシリコンバッグもユーロクリニークでは使用を中止しています)
 

 

 

Mentor社 Siltex? Round Gel Bag

 

 

  Eurosilicone社 Paragel 

 

 

     Eurosilicone社 Cristalline Paragel

 
※「コヒーシヴ cohesive」とは「凝集力のある」という意味の英語で、万が一バッグが破れたときでもシリコンゼリーが体内に広がらないという安全性を表現する言葉です。
 
*   *   *
 
(参考)日本美容外科学会ホームページに記載されている「クォリティ委員会 緊急情報」および「ブレストインプラント(豊胸用人工挿入物)製造メーカー」の一覧表(下記に転載)。
 
ブレストインプラント製造メーカー(日本美容外科学会のホームページより抜粋、註:表の中の赤文字、青文字処理は引用者藤田によるものです)
 

▼画像をクリックすると拡大します

 

Lidocaine(局所麻酔剤)入りの特別なヒアルロン酸(RESTYLAINE LIDOCAINE)を採用していますので、注入時の痛みがこれまでに比較してかなり緩和されました



 世界でもっとも信頼性および安全性の高いスウェーデン・Q-MED社製のヒアルロン酸のシリーズには、注入時の痛みを和らげるためにリドカイン(局所麻酔剤)を配合した特別な製品があります。ユーロクリニークでは、治療をお受けになる患者様の立場を考慮し、この特別な『RESTYLAINE LIDOCAINE』 を採用しています。この製品はQ-MED社国際認定医療機関であるユーロクリニークへスウェーデンから直接空輸されています。当院では古い製品を患者様に投与することがないよう、常に過剰在庫を持たない方針で医薬品を購入しておりますので、患者様には常に最新のヒアルロン酸をご利用頂くことが可能になっています。ちょっとしたことですが重要なことですのでここに記しておきます

(文責:院長 藤田)

スウェーデンQ-MED社のヒアルロン酸(Perlane/Restylane/Restylane FineLines)の規格・商品名・価格が変更になりました



 ユーロクリニークで採用している世界でもっとも信頼性および安全性の高いスウェーデン・Q-MED社製のヒアルロン酸(Perlane・Restylane・Restylane FineLines)は、2004年2月16日より次のように製品の規格と商品名が変更になりました。

下記の赤色表記部分が変更箇所です(1シリンジ当たりの量がパーレイン、レスティレインで約43%、レスティレイン・タッチで約25%の増量になります)

■ パーレイン Perlane (0.7 ml) →■パーレイン Perlane (1.0 ml)

■ レスティレイン Restylane (0.7 ml) →■レスティレイン Restylane (1.0 ml)

■ レスティレイン・ファインラインズ Restylane FineLines (0.4 ml ) →■レスティレイン・タッチ Restylane Touch ( 0.5 ml )

※製造元の価格改訂に伴い、ユーロクリニークにおける価格も旧製品(1本 9万4千5百円)の在庫が無くなりしだい新製品価格(1本 13万2千円)となりますのでご了承ください。

スウェーデンQ-MED社製のヒアルロン酸が2003年12月12日に米国 FDAに認可されました(2003.12.13)



 1996年以降、皮膚科医や外科医によってのべ100万人以上に使用されてきたRESTYLANEシリーズ ( Perlane/Restylane/Restylane FineLines) が、2003年12月12日に米国 FDA (U.S. Food and Drug Administration) によって唯一にして最初に認可されました。

ヒアルロン酸類似物質の安全性について



 ヒアルロン酸は体内に注入しても安全な物質の一つですが、その欠点として平均すると約6ヶ月ほどで吸収されてしまいます。近年、この欠点を補うことができるかのように「注入するといつまでも残り続けるので再注入の必要がない」ということを強調してヒアルロン酸類似物質(正確には水溶性高分子 WSP=Water Soluble Polimer、一般名はハイドロジェル hydrogel、商品名としてはアクアミド Aquamid、アクアマイド Aquamide、アマジンジェル AmazinGel、マジックジェル MagicGel、 ダーマライヴ Dermalive、アクリルハイドロジェル Acrylhydrogel 等)を使用する美容外科が出てきました。結論からいいますと、これは大変危険なことです。なぜならばハイドロジェルを直接体内に注入した際の長期的な安全性についてはまったく確立されていないからです。現在のところ、いつまでも体内に残り続けかつ安全なものといえば金属ではチタン、非金属でいえば固形シリコンくらいしか挙げることができません。こちらに関しても日本美容外科学会のホームページに「クォリティ委員会 緊急情報」として掲載されていますのでご覧ください。

ヒアルロン酸注入について



 いまだに1本の注射器に入っているヒアルロン酸を複数の患者さんの治療に使い回している美容外科が少なからず存在します。これは大変危険なことです。なぜなら、もし注射針から体液等の逆流があった場合、他の患者さんにその体液が注射されてしまう可能性があるからです。このような逆流による感染を防止するため、ユーロクリニークではすべての患者さんに新品のヒアルロン酸をご購入いただいた上で注入費用は無料で治療をおこなっております。余ったヒアルロン酸は当院にて6ヶ月間冷蔵保管いたしますので後日無料で再注入が可能です。

 ユーロクリニークでは最も信頼性が高いスウェーデン・Q-MED社製のヒアルロン酸(Perlane?・Restylane?・Restylane Fine lines?・SubQ?)のみを使用しています。

PPX(いわゆる “塗るボトックス”)について



PPX (Positive Perfection X)

 ユーロクリニークでは2004年2月より PPX(いわゆる “塗るボトックス”)のお取り扱いを開始しました。PPX に関する情報(株式会社メディカル・サイエンス提供)は次の通りです。

■PPX (Positive Perfection X) とは?・・・ボトックスと同様、神経伝達経路に働きかけて表情じわを改善する効果をもつアルジルリン Argireline を7%配合し、かつ高濃度のヒアルロン酸および海藻エキスの保湿性を加えた「塗る小ジワ改善剤」です。

■類似品との違いは?・・・その画期的な効果が注目され、アルジルリン配合のジェル、クリーム等が複数種類発売されるようになってきていますが、通常の製品に含まれるアルジルリンの配合濃度は基本的に5%にとどまっています。PPXは現在販売されているアルジルリン製品のなかでは最も濃度の高い7%という配合率を有しています。

■アルジルリン Argireline とは?・・・米国 Mentor社の豊胸用ベッカー式バッグの開発者でもあるヒルトン・ベッカー博士 Dr. Hilton Becker が開発したシワ取り用ポリペプチド(ヘキサペプチド)。米国 Cosmetic Solutions Inc 社(フロリダ州・1991年設立)製造。日本国内の販売元は株式会社メディカルサイエンス他。現在スペインのリポテック Lipotec 社が製造、組成に関わる特許を保有(米国特許番号 EP1180524A1、2002年2月発行)。

■使用法は?・・・手の指に2~3滴取って、小ジワのある部分(目尻、目の下、口の周りなど)に1日1回塗布します(通常の使用法では「手のひらにとって顔全体に塗布する」ということになっていますが、ユーロクリニークでは不要な筋肉のゆるみを起こすことなくメリハリのあるシワ取り効果を得るために、シワのある部分にだけご使用になることをお薦めいたします)。早めの効果を期待される方には1日2回の塗布をお薦めします。ご使用の際には目に入らないように十分ご注意ください。



手の指に2~3滴取る



小ジワのある部分に塗布します

■作用機序は?・・・神経伝達物質を媒介するSNARE複合体の形成阻害および神経伝達物質(カテコールアミン)の放出阻害により、ボトックスと同様に神経伝達に働きかけて筋肉の緊張を低下させ表情じわを改善します。

■効果は?・・・10名の女性を対象にアルジルリン5%を含むクリームを1日に2回塗布。シワの深さをマイクロスコープでレーザースキャンして解析した結果、15日後に17%、30日後に27%改善しました(スペイン・アダヴァンセル社 Adavancell, S.A.の報告による)

■安全性は?

生体外テスト・・・(a)人体の真皮層内、繊維が細胞における毒性については、細胞密度21,000 cells/cm2に対して10 micro-g/ml から1mg/ml の濃度が真皮層の線維芽細胞に実験され、毒性は一切みられませんでした。(b)人体の表皮層内、ケラチノサイトにおける毒性については、ケラチノサイト密度15,000 cells/cm2に対して10 micro-g/ml から1mg/ml の濃度が表皮のケラチノサイトに実験され、毒性は一切みられませんでした。

生体内テスト・・・皮膚刺激のテストについて、Chem.Pharm.Ball 38,2,2308(1990)の条約に基づいて皮膚への刺激実験を2.0 ̄2.5kgのウサギを使って実験した結果、一般的水準の数値がみられ、炎症は7日後でもみられませんでした。

■料金・・・PPX 1本 (30ml) 19,800円(税込)(平均的使用で約1か月分) (完売しました)

スーパ抗酸化成分『フラーレン Fullerene』について



 ユーロクリニークでは世界に先駆けて、2005年10月より、今話題の「スーパー抗酸化成分」水溶性フラーレンに新型ビタミンCを配合した美容液「イムヌ Hymne」のお取り扱いを開始しました。セットの内容は10ml入り容器6本、樹脂製キャップ6個、顔型パック紙、パック用トレイ(下写真参照)。1日1回約1.5mlの使用で約1ヶ月分(10ml 4本)に月2回のウィークエンドパック(10ml 2本)が追加された計6本で構成されています。

 現在では女性誌やネットなど様々な場所で話題になっていますが、その一例として『日経ヘルス』の記事をご紹介します。


Fullerene (商品名 イムヌ Hymne)




圧縮された顔型パック紙およびパック用トレイ



「水溶性フラーレン」って知ってる? 『日経ヘルス』2005-9月号記事より)


老化原因の活性酸素を消し美白にも効く




 シミやシワといった肌老化を招く元凶は、紫外線などによって生じる活性酸素。この活性酸素の害から肌を守る抗酸化成分といえばビタミンCが代表的だが、最近、新しい成分が登場し、注目されている。それが『水溶性フラーレン』だ。

 フラーレンは、60個以上の炭素原子がサッカーボールのように結合した球状の分子。1985年、星間物質の研究中に偶然見つかり、発見者はその功績でノーベル化学賞を受賞した。地球上にも太古の昔から存在しており、ヒーリングストーンと呼ばれるロシアの黒鉛ケイ石や中国の高級墨、日本では岩盤浴などに用いられる北海道のブラックシリカ石にも含まれている。

 フラーレンは工業用素材として様々な用途に利用されているが、最近は化粧品や医薬品への応用も進んでいる。というのも、活性酸素を消去する力が非常に強いことがわかったからだ。

 「フラーレン分子の周囲には、活性酸素にくっついて、それを無害化させる電子が雲のように多数たちこめている。しかも、分子が球形なので、クルクル回転しながら活性酸素と高頻度に接触できる。このため、ビタミンCなどと比べても、格段に優れた抗酸化力を発揮する」と県立広島大学(「広島県立大学」の誤り?・・引用者註)生命環境学部の三羽信比古(みわのぶひこ)教授は話す。

 ただし、フラーレンは水に溶けない性質なので、これまで化粧品への応用は難しかった。それを可能にしたのが、水溶性フラーレンだ。「不純物を徹底的に取り除き、さらに水に溶ける形に変えて、世界初の化粧品成分として開発した。もちろん、薬並みに厳しい基準での安全性も確認済み」と話すのは、水溶性フラーレンを供給しているビタミンCバイオリサーチ社の松林賢司社長だ。

 では、この水溶性フラーレンにはどんな働きが確認されているのか。まずは下中央の写真を見てほしい。これは人間のメラニン賛成細胞に紫外線を照射したもので、赤や黄色の部分が多いほど細胞内に活性酸素が多く発生したことを意味する。水溶性フラーレンを投与した細胞では活性酸素が抑えられているのが、一目瞭然だ。「計測すると、水溶性フラーレンを与えた細胞では、活性酸素の量が47.4%抑制されていた」(三羽教授)。

 また、その右下の写真は、人間の皮膚の角化細胞に活性酸素を発生させる過酸化脂質を与え、11時間が経過した状態。ビタミンCを添加した右側の細胞は中身が溶け出して死んでしまったが、水溶性フラーレンを添加した左側はふっくらとした形を保ち、細胞が生きている。「活性酸素の発生を抑制することで、細胞死を防いだ。細胞内での活性酸素を抑制するという点が、水溶性フラーレンの大きな特徴」と三羽教授。

 右ページ左下写真は、メラニン産生細胞に紫外線を当て、メラニン量を比較した結果。水溶性フラーレンを添加した細胞は、明らかに色が薄く、メラニン量が少ない。水溶性フラーレンには、美白作用もあるのだ。

クリックすると拡大します


「従来の美白剤は、メラニン色素が作られる途中の過程を阻害するものが多いが、水溶性フラーレンの場合は、活性酸素の発生という大もとの原因を抑えることで、結果としてメラニン産生も抑制する。いわば根本療法としての安全な美白が可能になる」と三羽教授は話す。

 肌の大敵・活性酸素を元から断つ水溶性フラーレン。新しいスーパー抗酸化成分として、美白剤やアンチエイジング化粧品などへの利用が期待されている。

註・・・上記引用中の関連サイトへのリンクは再録にあたってユーロクリニークで付加したものです。

■料金・・・イムヌ(10ml ×6本、1ヶ月分、化粧箱入)1箱 18,900円(税込)

フラーレン関連リンク集
フラーレン・ナノチューブ学会C60フラーレン - Wikipediaカーボンナノチューブ


ユーロクリニークの体内式超音波脂肪吸引について



 ユーロクリニークでは、ヨーロッパおよび美容外科先進国ロシアで広く普及し、現在ではアメリカ・ハーバード大学医学部にも導入されている高性能のドイツSoering社製最新型超音波脂肪吸引機 Sonoca-Lipo を使用しています。Soering社の超音波吸引機は、本来脳神経外科において脳腫瘍を粉砕して吸引するための精密なシステムですが、これを美容外科における脂肪吸引への応用に成功したのがこのSonoca-Lipoです。きわめて信頼性が高く精密で非常に高価な装置です。

 2003年2月現在、日本で導入している施設はユーロクリニークのみです。また藤田院長はSonoca-Lipoの開発に携わるSchikorski博士の直接の指導を受けている世界でも数少ない医師のひとりです。


シコルスキー Shikorski 博士とユーロクリニーク藤田院長(ドイツ・ハンブルクにて・2003年2月)


長所・・・吸引カニューレの先端から最適振動数(25kHz 150μm)の超音波を発信し、皮下脂肪のみを乳化させながら吸引します。このため、神経や血管へのダメージも最小限に抑えられ、出血もほとんどなく、従来の方法では困難であったきわめてなめらかなボディーラインをつくり出すことができます。

短所・・・カニューレが従来のものに比べるとやや太めなので、切開部の長さが通常(約5~10mm)よりやや長く(約10~15mm)なります。ただし目立たない場所を選んで切開しますので傷が治ると違いはほとんどわからなくなります。

料金・・・通常の脂肪吸引の20%増になります (終了しました)

肥満度の計算のしかたについて



 肥満度は実際の体重を標準体重(=身長 [m]X身長 [m]X22)で割ると計算できます。

 例:身長158cm、体重63kgの場合、1.58×1.58×22=54.9208、63÷54.9208=1.147106(14.7106%オーバー=肥満度約14.7パーセント)

 次のサイトで簡単に肥満度の計算ができます・・・・・・・植村内科のホームページ

ユーロクリニークの無痛局所麻酔について


 厚生労働省認定の正規の「麻酔科」を標榜するユーロクリニークではすべての局所麻酔処置において、炭酸水素ナトリウムを配合した「無痛麻酔液」を特別に調合して使用しています。このおかげで痛みの主要因である麻酔溶液のPHが中和され、これまで麻酔注射時には避けることができなかった強い痛みを感じることもなくなり、楽に治療をお受けいただくことが可能になりました。




 
 
ニュースレターに登録
お得なキャンペーン情報やメルマガ専用の割引クーポンをお届けします。ぜひご登録下さい。
メールアドレス *
* 必須項目
ご注意:姓、名の記入のないもの、およびいたずらと見なされる場合は配信を控えさせて頂いております。














 
医療法人ユーロクリニーク
〒359-1123 所沢市日吉町13-2
第2古谷野ビル2F/3F
TEL 0120-955-111
 
▷西武線 所沢駅西口 徒歩3分
 アクセス(地図
 
▷診療時間
10:00〜19:00(第1、第3水曜定休)


Photographs of "Chulpan Khamatova" by Peter Brune, Copyright All Reserved.



▷モバイルサイトがリニューアル!
DoCoMo・ au ・Softbank(+iPhone) に対応
アクセスは下記のQRコードから


Last Update 2017-05-15
Since 2002-11-1/Renewal 2008-11-7

Copyright 2002-2017 EUROCLINIQUE, All Rights Reserved.