ユーロクリニーク南青山

藤田博史(ふじた ひろし)

医療法人ユーロクリニーク 理事長・狭山メンタルクリニック 院長
言語:日本語、英語、フランス語

     


■1955年生まれ
■福岡県立東筑高等学校卒
■信州大学医学部卒
■元東京医科歯科大学医学部附属病院医師
■元フランス国立ニース大学医学部附属パスツール病院医師
■元フランス政府給費研究医
■専門分野;美容外科・形成外科・美容皮膚科・麻酔科(標榜医)・内科・眼科・精神神経科・精神分析
日本アンチエイジング医療協会正会員 ・マーグ美術財団 Fondation Maeght 正会員
■主要著作:『精神病の構造』『性倒錯の構造』『幻覚の構造』『人間という症候』『人形愛の精神分析』『句集 桜さくら桜』など
■訳書:ジョルジュ・ブラック『昼と夜』、ジャック・ラカン『テレヴィジオン』、ジャック・ラカン『アンコール』
■1979年よりフランス・ニース市民
 

▶ 精神分析医でありかつ美容形成外科医であることの意味

美しいものに憧れ、自らも美しくありたい、という、人間に固有の「美意識」「美容意識」は、常に心の奥深い部分、無意識的な領域と密接に繋がっています。例えば、何年も精神科に通院しながら、なかなか回復の兆しを見せなかった摂食障害(拒食症、過食症)のクライエントが、自ら望んで受けた豊胸手術を契機に、劇的に症状が改善する、ということを臨床の現場ではしばしば経験します。ですから、日々の診療のなかで、治療者の側に精神分析的な洞察が欠けていると、エステやコスメレベルの見かけ上だけの安易な美容相談になってしまい、誤って不適切な治療を施し、逆にクライエントを苦しめてしまう、ということが実際に起こり得ます。美容の問題と心の問題は非常にデリケートで奥深いものであることを常に意識しながら診療にあたる、ということが何よりも肝要であることは言うまでもありません。

■精神分析医としての公式ホームページはこちら→Foujita's Official Web Site

お知らせ

主要著作の内、下記の5冊はアマゾン・プリント・オン・デマンド(POD)で簡単に購入していただけるようになりました。各表紙をクリックしていただくと Amazon.co.jp のそれぞれのページに移動します。


医療法人ユーロクリニーク
狭山メンタルクリニック
美容外科・美容皮膚科(自費診療)
精神科・心療内科・内科・麻酔科(保険診療)
〒359-1305 埼玉県狭山市入間川2丁目1番2号
グランツ狭山1階
美容専用 0120-955-111 
精神科・心療内科専用 04-2968-4791
 
 
 
 
 


 
医療法人ユーロクリニーク
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川2丁目1番2号
グランツ狭山1F
TEL 0120-955-111
 
▷西武新宿線 狭山市駅西口より徒歩3分
 
▷診療時間
 美容外科・美容皮膚科  9:00〜18:00 (日曜のみ)
 精神科・心療内科    9:00〜17:00(月、水、金、土)


Photographs of "Chulpan Khamatova" by Peter Brune, Copyright All Reserved.



▷モバイルサイト
DoCoMo・au・Softbank(+iPhone)に対応
アクセスは下記のQRコードから


Last Update 2022-04-12
Since 2002-11-1/Renewal 2008-11-7/Renewal 2021-12-30

Copyright 2002-2022 EUROCLINIQUE, All Rights Reserved.