眼瞼下垂とは、まぶたを持ち上げる上眼瞼挙筋が過度に伸展したり、うまく収縮できなくなったりすることにより、上まぶた(上眼瞼)が下がって(下垂)しまう状態のことをいいます。程度は様々で、軽度下がっていることもあれば、大幅に下がって視野を妨げる場合もあります。眼瞼下垂があると、外見的には「眠そう」「目つきが悪い」「目が小さい」といった特徴が現われてきます。
 
 眼瞼下垂の80%が先天的な遺伝によるもの、残りの20%が後天的なものといわれています。後天的な眼瞼下垂としては、老人性、長年にわたるコンタクトレンズの使用(その理由の一つとしてまばたきの回数が増加するからであると考えられています)、アイプチ等の二重糊のし過ぎ、などが挙げられます。
 
 一般に眼瞼下垂の治療時間は2時間程度を要し、しかもかなり出血するといわれています。ユーロクリニークの眼瞼下垂治療は正確かつスピーディーで、出血もごくわずか、平均治療時間はわずか40分です。しかも眼瞼下垂治療により上眼瞼挙筋の機能が正常化するため、当院では切開法二重の操作を無料で同時に行なっております。もちろん二重の幅は奥二重から幅のある二重まで自然な範囲で選択していただけます。術後の腫れ1週間で約90%程度引いてしまいます。2週間もすれば腫れはほとんどわからなくなります。一般の切開による眼瞼手術の腫れが約1か月であることを考えると、腫れは極端に少ないといって良いと思います。
 
 インターネットの発達した現在、お陰さまで、口コミやご紹介により、日本全国から多くの患者様にお越しいただいております。ユーロクリニークならではの、眼瞼下垂治療の自然な仕上がりを、多くの方にご理解頂けていることを大変嬉しく思いますと同時に、治療をお受けいただきました多くの患者様に心より感謝申し上げます。
 
 これからも、皆さまお一人お一人の治療を、大切に、丁寧に、行なってゆくことで、私どもの使命を一つ一つ着実に果たしてゆきたいと考えております。

(文責 院長 藤田博史)

 
 


Copyright 2002-2022 EUROCLINIQUE, All Rights Reserved.
 
 
 
 
 


 
医療法人ユーロクリニーク
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川2丁目1番2号
グランツ狭山1F
TEL 0120-955-111
 
▷西武新宿線 狭山市駅西口より徒歩3分
 
▷診療時間
 美容外科・美容皮膚科  9:00〜18:00 (日曜のみ)
 精神科・心療内科    9:00〜17:00(月、水、金、土)


Photographs of "Chulpan Khamatova" by Peter Brune, Copyright All Reserved.



▷モバイルサイト
DoCoMo・au・Softbank(+iPhone)に対応
アクセスは下記のQRコードから


Last Update 2022-07-03
Since 2002-11-1/Renewal 2008-11-7/Renewal 2021-12-30