しみ取り

しみ取りにはどんな方法があるの?

単純にしみだけを取りたい場合にはレーザーによる方法とぬり薬による方法があります。また、しみができない肌質に根本的に変えたい方には特殊な美肌再生治療(エンビロン・スキンケア・システム)があります。

レーザーによる方法・・・ユーロクリニークでは日本製のQ-Switch YAG レーザーを用いてしみの消去をおこないます。1回の照射でしみを消すことができます。

ぬり薬による方法・・・ハイドロキノンという美白剤を10%配合したクリームを毎晩就寝前にしみの上に塗布し、翌朝洗い流すか拭き取っていただきます。ハイドロキノンが付いたまま紫外線を浴びますと逆効果で新たなしみの原因になりますのでご注意下さい。一般の皮膚科で処方されるハイドロキノンの濃度は2~4%ですので、当院にて処方しているハイドロキノンはさらにその2.5倍の濃度があります。

美肌再生治療・・・ケープタウン大学医学部附属病院の元心臓外科医フェルナンデス博士によって開発されたエンビロン・スキンケア・システムに基づく治療法です。イオントフォレーシス(電気穿孔)現象超音波を利用して、肌の新陳代謝をコントロールするレチノール(ビタミンA)を大量に肌の深部へ送り届ける画期的な治療法です。

診察とカウンセリング

肌の状態を入念に診察した後に詳細なインフォームドコンセントをおこないます。特に改善したい症状(くすみ、しみ、肝斑、小じわなど)をお伺いし、それぞれの治療法がどのような効果をもたらすのかを詳細にご説明いたします。

施術

レーザーによる方法・・・取りたいしみの縁をマーキングし、照射時の痛み防止の局所麻酔を少量注射します。レーザー光が直接目に入らないようにゴーグルを装着していただいた後、しみの部分に Q-Switch YAG レーザーを照射します。照射時間は1平方cmにつき約5秒程度です。照射後、皮膚の回復を促進する軟膏を塗布し、極薄のシリコンガーゼをしみの上に載せ、その上から丸く切った肌色半透明の医療用テープを貼ります。テープはそのまま10日間貼ったままにしていただき、10日後にご来院いただいてテープを剥がします。通常の経過であればその時点でしみが消えています。

ぬり薬による方法・・・ハイドロキノン(10%)と脂溶性ビタミンC を配合したクリームを毎晩就寝前にしみの上に塗布していただきます。防腐剤等は一切使用していませんので冷蔵庫で保管して下さい。効果の発現までには個人差がありますが、平均すれば大体1~3か月でしみが徐々に薄くなってきます。当院で処方しておりますハイドロキノンは理論上の最大濃度(10%)ですので、強く作用した場合には皮膚に赤みが出ることがあります。それ自体は問題ありませんが、そのような場合は、1〜2日間隔を開けていただくか、使用量を減らしていただいて様子を見ながら慎重に継続してゆきます。

美肌再生治療・・・1回90分の治療を、エンビロン施術の専門資格(ディプロマ)を持つメディカル・エステティシャンもしくは看護師が、お一人お一人の肌質を確認した上で、個別の施術をおこないます。専用の個室には、オランダ製のベッドが設置され、天井には米国BOSE製のスピーカーがステレオで設置され、個別に有線放送が引かれていますので、数百チャンネルのなかからお好きなチャンネルをお選びいただき、お好みの音量で音楽を聴きながら、心身共に癒していただくシステムになっております。特に女性の肌質はメンタルな要因が大きく作用するといわれておりますので、週に1回の施術が、肌のみならず心のリラックスも導いてくれることでしょう。

料金

レーザーによる方法
1平方cm=11,000円 

ぬり薬による方法
ハイドロキノン(10%)+脂溶性ビタミンCクリーム(5g)処方
→ 9,900円 

美肌再生治療(エンビロン・スキンケア・システム)

☆1回90分フルコース 72,000円

☆24回フルコース 1,555,200円



ボトックス
ヒアルロン酸
埋没法二重
しみ消去


Copyright 2002-2017 EUROCLINIQUE, All Rights Reserved.